品質管理が大切な医薬品の輸送

私たちの生活において、物流というのはなくてはならない存在です。

こだわりの医薬品の輸送サイトが一番おすすめです。

これは医療においても同じで、特に医薬品に関する輸送というのは、非常に重要な役割を持っています。



ただし、医薬品というのは日常生活品と同じように輸送すればいいというわけではありません。
製造時において厳しい品質管理の下で生産される医薬品は、輸送中であってもその品質を維持しなければならないのです。

ですから、通常の流通とは異なる、厳格な基準が決められているのです。


WHO(世界保健機関)には、GDPガイドラインというものがあります。海外ではこのGDPを元に、かなり厳格な規制が法的にされています。



残念ながら日本ではまだ法的に規制されているわけではありませんが、各医薬品会社が自主基準によって薬局に安全に送り届けています。

日本においては、薬剤の取り扱いで特に重要視されているのは温度管理です。
輸送中に温度変化がなるべく起こらないよう気を付けたり、保管倉庫内では一定の温度管理のもとに保管されるよう、管理基準を設けています。医薬品とは、人の大切な命を預かるものです。

ですから、輸送を請け負う業者も責任をもって業務を行っているのです。

最近では、医療技術の向上により、より安全に、より的確に、よりスピーディーに送り届けることが重要視されるようになってきました。GPS機能を搭載したトラックで、常時温度記録を管理したり、万が一の非常時にも電源を確保できるよう非常用電源や自家給油設備を設置した企業などもあり、時代のニーズにこたえるよう日々進化しているのです。