医薬品の輸送の特徴について

医薬品の輸送に関しては一般的な品と異なり、医薬品販売業認可症を持った物流企業など専門の業者によってノウハウや先進設備、管理体制が整っている上で行うことが重要です。

医薬品の輸送に関する良い情報をご紹介するサイトです。

メーカーの物量に合わせて各地の物流企業と全国配送ネットワークを築きながら安全に医療現場へ運びます。


医薬品の輸送ではハイクオリティの先進設備と管理体制が欠かせません。
専用の倉庫と専用ターミナル、専用の低温輸送車などが完備されています。



他にも定温や冷蔵など違う温度の管理が可能な保冷倉庫や、倉庫から温度を維持したままで搬入が出来るドックシェルターを連携させて室温や保冷での輸送でそれぞれ温度帯をデータ管理して各地のユーザーまで配送をします。

保管管理は専任の管理薬剤師も常在しています。
輸送前の専用の倉庫は安全と安心の万全のセキュリティシステムが備わっています。



センサーとモニターで管理されていて、製薬会社の監査も行っています。


危険物用に危険物屋内貯蔵所もあり、特別な管理の保管庫だと防犯カメラやモニター指紋錠などのセキュリティシステムの設置やエアーサスペンション装着車も導入されています。

医薬品は製造工場を出荷した後に、患者の手元に届くまでの流通過程における品質保証を目的にした基本的な視診としてGDPがあります。これは品質確保と温度管理、流通過程の適正管理、偽造品対策の3つがあります。


例えば品質確保と温度管理は、流通過程における品質の確保に最も重点を置いていて、中でも温度管理が重要となっています。


温度管理は冷所保管が必要なものや室温保管品でも注意が必要です。近年はバイオの薬品も増えていてこれらも厳格な保管温度管理を要求する品が多いです。